男女の温度差 心地よい設定温度の話

よく恋愛で「温度差」という言葉を使いますね。どちらかが一方的に相手を思っている、または、お互いに相手を思っているけれど、見える形で愛情を示すのは片方ばかりなど、気持ちや態度がアンバランスな状態を指します。

それとは別に、本当の意味での男女の「温度差」を取り上げてみたいと思います。具体的に何を指すのかといえば、日常シーンで心地よいと感じる温度の違いです。オフィスや家などにいるとき、自分と仕事仲間、もしくはパートナーとで、体感温度が全然、違うと感じることがあるのではないでしょうか。

自分がとても過ごしやすい室内温度だと思っていても、うちわであおいでいる暑そうな人がいたり、やたら着込んでいる寒そうな人がいたり、どうも不快な様子です。とくに男女で、その差が大きくなる傾向があるようです。それはどうしてでしょうか。単純にいえば、身体の構造の違いに理由があります。では、どうやって解決したらよいのか。心地よく暮らすために、あらためて考えてみましょう。

男女の温度差 心地よい設定温度の話

基本的な体の構造の違い

それが魅力でもある男女の肉体の違い

オフィスの場合

ここでも男女の違いがあらわれてきます

夫婦の寝室・居間の場合

夫婦どちらもが満足できる上質空間を完成させる

お風呂の場合

素敵なバスタイムは温度調節の工夫からはじまります

心地よい生活を約束してくれる、過ごしやすい温度

男女の温度差 心地よい設定温度の話基本的な体の構造の違いオフィスの場合夫婦の寝室・居間の場合お風呂の場合サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 男女の温度差 心地よい設定温度の話 - All Rights Reserved.